ぽこあぽこ♪ -po co a po co-
2007年3月と2011年2月に誕生した約4歳差の2人の息子との日々を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


らいとの入院
9月14日(金)
夕方 保育園の先生から 私の携帯に連絡があり
らいとが午睡の時から 変な咳をしていて 今 熱が38.1℃あると。

迎えに行くと おでこに熱さまシートを貼ったらいとが居て
教室の隅には 熱さまシートを貼って
タオルケットにくるまった子がふたり居ました。
先生曰く 今日になって みんな熱と咳が出てきて…
ゆっくり休んで 早く良くなってください、と。
そのまま いつも行く小児科へ受診し いつも通り薬をもらう。


9月15日(土)
咳をする時の音が ひゅーひゅー いって
いつもより気になったのと
明日から2日の病院の休み中に何かあってはまずい…
と思ったので小児科を受診。
先生にもそれが伝わったのか 強い抗生剤を出されました。


9月16日(日)
前々から 幕張メッセでのイベントと
シアターGロッソでのショーを観に行く事にしていたので
この日は 東京に向かいました。

向かってる途中 身体が熱い らいとの熱は39.8℃あって
パパとアイコンタクトで 引き返す事にしました。
ゆ〜とに何度も何度も事情を説明し、納得してもらって。
一緒にショーを観に行く事になっていた パパのお友達にも
電話で事情を説明しながら…。

この日 らいとは 23時頃から 2、3時間置きに
身体を反らせながら わめき声に近い様な声を出していて
お腹を触ると おてぃんてぃんの上辺りだけ 凄く熱く
尋常ではないと 翌朝7時過ぎに 救急病院へ行きました。

胸のゼーゼーが酷いので 気管を広げるネプライザーや
鼻の吸引、浣腸をしてウンティの状態を見たり
胸のレントゲンをとりました。
レントゲンも異常なく そのまま薬をもらって帰ったのですが
やっぱり2、3時間毎に痛みは訪れ
オシッコが出る時に痛むんじゃないかという結論が出て
再度 救急病院へ。

おてぃんてぃんを みてもらうと 先の方が炎症して赤く
そこにオシッコが溜まって 出る時に痛むんじゃないかと言われ
オシッコの検査をし 特に悪い数値も出てなかったので
また二日後に来てと 予約を入れ、軟膏をもらい帰りました。

でもやっぱり オシッコする時 痛むらしく
踏ん反り返ったりしてオシッコもしなくなってしまいました。


9月18日(火)
更にらいとの胸の音が酷くなり ゆ〜とも朝起きるなり
グェッホッ とすごい咳をしていたので らいとに加えて
ゆ〜ともいつもの小児科へ行く事に。

連休明けという事もあり 小児は大混雑で なんと二時間待ち。
子供だらけで 保育園化していて 待ってるだけで ぐったり…。

やっと順番がきて診てもらうと ゆ〜とは大した事なかったのですが
らいとは 先生が聴診器で胸の音を聞くと
ん〜、と難しい顔をして なかなか胸に置いてある聴診器を外しませんでした。

そして先生が出したこたえは
紹介状を書くから すぐに行って診てもらって、と
大きな病院の名前を言ってました。

紹介状に書いてある病院に行き 診てもらうと
かなり強い抗生剤を飲んでも良くならない、という事は
入院だね、お母さん…と私に確認し、はい、と言うと
カルテに 入院とする、と書いてました。
レントゲンも撮りました。

病名は 急性肺炎+喘息


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:☆☆1歳Kids☆☆ - ジャンル:育児


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://papamamayuto.blog121.fc2.com/tb.php/493-f9c7335b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。